創業明治元年の荒川栄次郎商店の会社概要

荒川栄次郎商店の誕生物語

初代栄次郎のお店明治元年、遠州藩士だった初代栄次郎が、甲州にでて海産物を商ったのが当店のはじまりです。当時は富士川を利用して海の幸を山国甲州に運んでいましたが、中央線開通にともない仕入れ先も東京から北海道までと広がっていきました。

扱う商品も時代とともに変化し、5代目となった平成、長年培った経験をいかして「ふりかけ栄次郎」が誕生しました。おいしい乾物をふんだんに使ったまかない食が、子供の通う幼稚園や知り合いの間で人気となり、商品化へと繋がっていったのです。

創業明治元年の乾物問屋が提案するしっとりしたシンプルなふりかけをぜひご賞味ください。

荒川栄次郎商店の会社概要
社  名 有限会社 荒川栄次郎商店
創  業 明治元年
設  立 昭和28年
代 表 者 荒川洋一
事業内容 食料品卸
所 在 地 〒400-0043 山梨県甲府市国母6-6-2
連 絡 先 055-228-0417(代)